製品開発コンセプト

門馬登喜大

= AJ統合研究所所長=
門馬登喜大(モンマトキオ)

私たち「Ayus=アーユス株式会社」は、「環境・食事・健康・教育・美容・長寿」に関する情報のご提供をしてまいりましたAJ統合研究所が、永年の研究成果と持てるノウハウを駆使した製品の開発と販売に特化するため、設立されました。

かけがえのない地球環境を守るのは、我々人類です。自分たちの健康を守るのは我々自身です。子供たちを導くのは我々大人です。社会の中での大人としての義務は、真実を知って解決し、本物を子供たちに残すことです。

私たち「Ayus」は、『真実と根本的解決策そして本物」をお届けすることを使命としております。何が真実でどうすれば根本的に解決できるか、何が本物なのかを、皆さまとご一緒に見極め、そしてご提供してまいります。

これからの「Ayus」にご期待ください。

【歴任】

  • 国際連合DEVNET顧問
  • 財団法人日本科学振興財団 評議員・理事
  • 富山県国際伝統医学センター 参与
  • 日本アーユルヴェーダ協会 副理事
  • 医療社団法人東源会 創始社員
  • IP生命医学研究所(株)所長など

【現在】

  • AJ統合研究所 所長
  • 日本がん・難病サポート協会 相談役
  • 新潟県妙高市 顧問
  • 日本アーユルヴェーダ学会認定 上級 ティチャ―
  • 米国AYU認定APP(アーユルヴェーダ・アドバンス・プラクティショナー)
  • 翠松書道会 会長
  • 一般社団法人 統合医療・水研究所 理事長
門馬登喜大 略歴

1953年福島県生まれ。二十余年間塾長として教育に関与する中で、環境問題が人体に及ぼす影響や様々な疾患や障害の対処法を学ぶために米国に留学。
グレン・ドーマン博士が所長を務める人間能力潜在研究所グラジュエイトコース終了(幼児・天才児・障害児の能力開発教育プログラム)。
ワシントン大学で環境科学、環境医学を聴講後、米国自然療法医科大学・バスティア大学でアーユルヴェーダ医学(インド伝統医学)を学び、AAP(アーユルヴェーダ・アドヴァンス・プラクティショナー)(米国AYU認定)取得。日本アーユルヴェーダ学会からはアーユルヴェーダ上級ティーチャ―認定取得。
カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学ティーチャーズ・コース終了。アーユルヴェーダ医学、自然療法医学、統合医療の研究を継続しながら、富山、東京、大阪、神奈川で統合医療主導のクリニック、医療研究センターの設立・運営に尽力し統合医療の普及に努めている。

門馬登喜大 著者・関連図書

  • 日本統合医療学会認定テキスト「統合医療ー基礎と臨床」日本統合医療学会編集 ”自然療法医学”執筆
  • 「アーユルヴェディック自然療法ライフ」執筆、AJ統合研究所出版部
  • 「JACT vol.4」日本代替・相補・伝統医療連合会議編集 ”自然療法医学ー患者・医療従事者に福音を齎す”執筆
  • 「企業と知的財産」No.421 “子どもはみんな天才。みんなが宝物” 記事
  • 「企業と知的財産」No.423 “今日の医療に潜む背景” 掲載原稿
  • 「企業と知的財産」No.424 ”アーユルヴェーダにみる環境医学的視座” 掲載原稿
  • 「企業と知的財産」No.434"食の安全・安心を追求したミスト農法脚光”
  • 「血液浄化BOOK」健康ジャーナル社、森下敬一博士との対談編
  • 「門馬先生の知って得するこぼれ話」-パンチャカルマ解毒があなたを救うー 長野久馬 著
  • 「IPB特許四季報」メディカルフロンティアへの挑戦、IPB編集局編
  • 「がんで死ぬなんておかしい」難病でも治る方法がちゃんとあるじゃないか ヒカルランド出版

門馬登喜大 講演抄録・論文集

  • 「和漢薬の健康素材としての可能性」 富山県国際伝統医学センター、国立富山医科薬科大学
  • 「健康補助食品と環境問題」2004.10.24
  • 「難治疾患と環境医学」 第6回日本量子医学研究会、量子医学研究所主催、2004.10.30
  • 「環境医学におけるアーユルヴェーダ的概念」 第28回日本アーユルヴェーダ学会、富山県総会 2005.11.12-13
  • 「アーユルヴェーダにおけるHuman Ediblesの可能性」第27回日本アーユルヴェーダ学会、静岡研究総会2006.9.23-24
  • [Herbal and Supplemental Treatment for Liver Cancer]A Treatise in AYU, Bastyr University, 2003